商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

 

  • BRU NA BOINNE

アルパカってなに?

1日の温度差が最高50度(-20゜~20゜)の差、冷たい風。過酷な自然条件の中でも生存するため特別な毛(温度調節機能)持っています。
細くて長く柔らか。(20~30ミクロン、7~8cm)毛玉が出来にくい。絹のような光沢、ほわほわ感があり、肌触りがとても良く軽くて暖かい。油分が多く、防水保温性に優れ雨風にも強い。そんなアルパカ製品は、ウールの半分の軽さ・2倍の暖かさと言われています。強度は羊毛の5倍。お手入れ次第で何十年も着られると言われています。

カシミヤより優れた機能を持つと言われているアルパカを是非一度お試しください。

 
アルパカは4000m以上の南米アンデス山脈に生息する哺乳類、・ラクダ科・ラマ属の動物で、厳しい自然環境の元、インカ時代以前から飼育されてきました。
アルパカの体毛は保温性に優れ、柔軟で美しい光沢があり、その上軽く、しわになりにくく、毛玉も出来にくく、強く丈夫で長年使用できるため、高級な毛織物・セーターなどの衣類に用いられてきました。

 

特別なアルパカ、ベビーアルパカ

  ベビーアルパカとは、生まれて初めて刈り取ったアルパカの産毛で作ったものを言います。
ベビーアルパカはその数の少なさや、1頭辺りから取れる毛の量がすくないことから高級品 として扱われてきました。
その中でもさらに限られた条件でしかとれないのがベビーアルパカなのです。まさしく最上級のアルパカ(生後半年)と言えます。 その毛は、柔らかさ、光沢、軽さ、手触りは他に類を見ない素晴らしい物があります。 ベビーアルパカは産毛なのでベビーアルパカ産毛100%の製品ではありません。 産毛だけでは柔らか過ぎて製品としてはムリがあるようです。 アルパカ、ヴィギューナの毛が10%~20%位入っております。※ヴィキューナとは・・・南米アンデス山地に生息するラクダ科の動物で、高級獣毛の頂点と言われています。ペルーで保護動物とされています。
 

取り扱いについて

●使用後のお手入れ、ブラッシングして、軽く毛並みを揃えて下さい。
●アルパカの洗濯はドライ・クリーニングか、ぬるま湯での着け置き洗いにてお願いします。洗濯を間違えると取り返しが付かなくなります。
●食べこぼし汚れは直ぐにクリーニングして下さい。ペルーでは人間の髪と 同じく、シャンプーとリンスで洗濯をしているようです。
●干す時には平らに広げて干してください。
決してハンガーはお使いにならないようお願いします。
●収納時は、ドライクリーニングして、防虫剤入れて収納して下さい。
虫の好物です。 お手入れの仕方で孫の代まで着られます。 
 
このページのTOPへ